赤ちゃんが飲むミルクは安全が一番です

赤ちゃんが飲むミルクは安全が一番です

いつの時代も赤ちゃんが出来るとおめでたいことと言われます。
女性の体の中に新しい命が宿るということは実に神秘的だからです。
ほんの少し前までこの世に存在し得なかった命が、今この瞬間私たちが生活している身近なところで生命の息吹を開始したということに人間は喜びを覚えます。
「なんとしてもこの子を立派に育て上げなくては」という気分に浸ることが出来るのも、新しい命が宿ってからがいよいよ本番と言えるでしょう。
子どもがいないときに「子どもが出来たらどんな気分になるのだろう」といくら想像してもリアリティがありませんが、実際に出来てみると手に取るようにわかるものです。

赤ちゃんを育てるために必要なこと

立派に育てると一口に言ってもなかなか大変なものです。
おなかにいる時から胎教をするとか、生まれてきてからすぐに知育玩具を与えるといった教育をする方がいらっしゃいます。
確かにこうしたことも大事ではあるのですが、もっと子どもの健康に関わることに心がけていかないと病気がちな子に育ってしまうかも知れません。

結構大変なミルク作り

お母さんが子育ての際大変なこととしてあげることに「ミルク作り」があげられます。
何せ赤ちゃんは、たくさんのミルクを必要とするけれど身体が小さいために一度に飲めるミルクの量が限られています。
そのため一日の中で何度も何度もミルクを作らなければなりませんから、子育ての中でも大変なこととしてあげられるのです。
適当にお湯で割ればいいというものでも無く、適切な量のお湯を適切な温度で飲ませてあげなければならないため神経を使う場面でもあります。

水道水をいつもいつも使うなんて非現実的

ミルク作りの際にはお湯が必要になりますが、水道水を使うのはあまり現実的とは言えません。
まず水道水はお湯の状態で出てくるわけではありませんから、いったん沸騰させなければなりません。
沸騰させるにも結構時間がかかりますし、何よりいったん沸騰させた後適温になるまで冷まさなければなりません。
早くミルクを欲しくてたまらない赤ちゃんに取ってみたら、そんなことをされていると怒り心頭大泣きの原因になります。

ウォーターサーバーならばおいしいお水

水道水を使わずに、おいしいミルクを作ってあげるためにはウォーターサーバーの利用がお勧めです。
皆さんもご存じのように、電気を使って常にお湯とお水を作っているウォーターサーバーではわざわざお湯を作るために沸騰させたり、温度調整のためにお湯を冷ます必要も有りません。
それに富士山の麓で採取されたおいしいお水や、赤ちゃんのことを思って作られたRO膜での濾過水など様々なお水の中から利用したいお水を選ぶことが出来るも特徴の一つです。

安全なお水を求めるお母さんにも

「せっかく赤ちゃんにミルクを飲ませてあげるのだから、ミルクを作るときに使うお水も安全なものにしてあげたい」とお考えのお母さんも少なくないかと思います。
水道水は、沸騰させてしまえばそれなりに安全と言われているのですが沸騰させていない蛇口からひねったばかりのお水だと赤ちゃんには悪影響が及ぶかも知れないと言われています。
消毒のために使われているカルキとお水が反応して「トリハロメタン」とよばれる有害物質が発生することがあるため、大人に取ってみたらたいしたことは無かったとしても赤ちゃんにはかなり影響が及ぶと言うことが確率としてはありえるのです。
その点、ウォーターサーバーのお水は販売会社の工場で適切な管理の下作られています。
当然お水として販売するためには国の定める衛生基準や、各社が独自で定めている社内基準に合致しなければ販売することが出来ません。
安全なものをお考えならば、水道水よりも手間がかからなくて便利なウォーターサーバーが良いのかも知れません。

少しの価格で安心できるのだから良心的な価格

ウォーターサーバーと水道水を比較した際、どうしても水道水に軍配が上がってしまうことがあります。
それは「価格」です。
水道水は広く一般に普及させることを目的としていますから、税金の投入やスケールメリットなどを上手に活用し水道料金を低価格に抑えています。
一方でウォーターサーバーはあくまで一企業が、利益を上げるために行っていることですから価格は高くなりがちです。
しかし、おいしさや安全性に関しては水道水を上回る側面を持っているため水道水にプラスアルファするくらいの価格でおいしいお水を飲むことが出来るのであるならば十分良心的な価格と言えるのではないでしょうか。

赤ちゃんのために綺麗なお水を買ってあげよう

健康な赤ちゃんに育ってもらいたいとお考えのお母様ならば、まずはウォーターサーバーの導入を考えてみてはいかがでしょうか。
ミルクを作る以外でも、普段の料理にウォーターサーバーを活用すれば今よりももっと石井食べ物を作ることが出来るかも知れません。
様々な可能性を秘めたウォーターサーバーを今回はご紹介しましょう。